関係性エネルギー療法

関係性エネルギー療法(ヒーリング)

contents

・関係性エネルギー療法とは

・療法への取組みについて

・チャクラコードと自己の成長(個性化)

・このようなサポートに…

・セッションについて

・セッション料金



関係性エネルギー療法とは

関係性エネルギー療法(Relational Energy Therapy)は、国際的ヒーラーであるディーン・ラムスデン氏によって創始されました。チャクラ理論の体系に発達心理学と、独自のチャクラコードへのヒーリング技術を組み合わせて統合した、人間関係に特化したエネルギー療法(ヒーリング)です。

 

関係性エネルギー療法では、人間の発達や成長の各段階をチャクラ(エネルギーの出入り口)に対応させて、胎児から成人へ、幼い自己から大人としての自己へ、成長していくにつれチャクラも発達し、その成長はチャクラコードに支えられていると考えます。

 

チャクラコードとは、自分のチャクラと相手のチャクラの間に結ばれた、目には見えないエネルギーの絆で、チャクラコードを通して相手との関係を感じとったり、エネルギーを送ったり受け取ったりします。

 

お互いに支え合うような良好な人間関係では、エネルギーは双方向に流れて、エネルギーの交換がなされます。けれども関係によっては、片方がエネルギーを奪われる、与えるだけの一方的なものもあります。このような関係性では、チャクラコードのエネルギーの流れが阻害されて、チャクラや心身までにも影響を及ぼす場合があります。

 

関係性エネルギー療法では、テーマとなるクライアントのチャクラコードをヒーリングして、エネルギーの流れを阻害しているネガティヴな影響を取り除いていきます。そうすることにより、チャクラ本来の自然な成長は再開され、人間関係のニーズにも変化が促されるでしょう。

 

療法への取組みについて

両親、兄弟姉妹、子供、その他の家族、配偶者、パートナー、あるいは長期にわたって感情的、または性的なつながりをもった相手とは、チャクラコードの結びつきは深く、絆は永続的・半永続的なものとなります。

 

深く結ばれた相手からのチャクラコードは、自分のチャクラに深く関わって、多くのレベルで意識に影響を与えています。チャクラコードは体の中にまで入り込み、臓器のまわりに巻き付くことさえあり、取り除く必要があるものもあります。

 

現在問題と思われる関係性を見ていく時に、関係性の深い人との過去からの影響を探っていくことは有用です。例えば、相手がかわっても繰り返してしまう否定的な人間関係のパターンを見ていく時、過去の関係性で経験したことが思い出されるかもしれません。

 

否定的で不健康な関係性や、機能不全となった関係性への取り組みは、過去の自分を癒して、次へ進む取り組みでもあります。

 

また、変えたいと思う習慣的な思い込みや生き方のパターンは、過去の関係性での影響や、家族が共有する家族のパターンを、意識的あるいは無意識に身につけたものかもしれません。

 

過去からの習慣的な思い込みや生き方のパターンへの取り組みは、意識的に気づき、自分を見つめ整理して、今までの行動パターンに代わる、新しい健康的な行動を選択し始めることになるでしょう。

 

チャクラコードと自己の成長(個性化)

チャクラコードは相手とつながるコードの他に、自分自身につながるコード=セルフコードもあります。

 

子どもの頃は相手のチャクラコードを通して与えてもらったことも、成長するにつれ、自分で自分に与えることを学ぶようになり、セルフコードは成長過程で育っていきます。しかし、健康なセルフコードを育てるのに十分な支えを受けていないことは、しばしばあるようです。

 

セルフコードの発達が不適切であると、例えば、いつまでも相手から与えてもらおうとするような、一方的で依存的な人間関係の結び方になります。

 

セッションでは、セルフコードのエネルギーがスムーズに流れるように整えていきます。セルフコードへのヒーリングは、自分自身を観察することや、自己とのコンタクト能力を強めることにも役立ちます。また、健康的でポジティブな関係性から得た滋養や学びを、セルフコードを通して自分自身の中に残すことができます。

 

また、古い過去の人間関係のチャクラコードをきれいにクリーニングすることも有用です。年数の経ったチャクラコードは、解決されていない感情や辛かった記憶が溜まって汚れています。本来は修復するか終わりにしてしまうことが必要なのに、そうされないままのチャクラコードは、古い人間関係に人を縛りつけて生命エネルギーを低下させています。

 

チャクラコードへのヒーリングと、自身の成長に取り組むことで、過去を手放し現在にしっかりと立って、より望ましい未来を創造することができるようになるでしょう。

 

このようなサポートに…

コミュニケーションの質を高めて、良好で安心できる人間関係を築きたい

 

対人関係を見直し、より健康的な関係を結びたい

 

繰り返してしまう否定的な人間関係のパターンを変えたい

 

自分よりも相手のニーズを重視しがち、相互的な人間関係を築きたい

 

他者からの評価を気にしてしまうので、気にしない自信を持ちたい

 

人疲れで心身が消耗してしまう、影響を受けないようになりたい

 

過去の人間関係をスッキリさせて、次に進みたい

 

新しいことに向かいたいので不要なものを整理して、エネルギーを取り戻したい

 

自分自身に力を取り戻し、自分らしく生き方をしたい

 

セッションについて

関係性エネルギー療法は、3回、または6回シリーズのセッションです。

 

基本のセッションは、ベースチャクラから順番におこなっていきますが、上のチャクラは下のチャクラに支えられているので、一つ一つ積み上げていくことで、穏やかに安定した形でテーマに取り組んでいただくことができます。

 

シリーズの期間中は、クライアントとプラクティショナーの間にセッションの器が形成され、取り組むテーマにエネルギーが集中しやすくなります。

 

セッションとセッションの間隔は、2週間以内を目安にして、その期間中に感じたことや経験したこと、心や体の変化などを観察していただきます。

 

シリーズは何シリーズか受けていただくと、螺旋状により深まっていきます。

 

問題と感じている関係性の中には、自分では見ないように、無いものにしているものが隠れていることがあります。その部分が核心であることもあります。繰り返して取り組んでいくことで、その部分に光があたり、有機的な変化が促されます。

 

関係性エネルギー療法は、穏やかに有機的に作用するので、いつのまにか改善されていたという感想を多くいただきます。

 

 

セッション料金

シリーズ 70分(3回・6回):12,000円(各回払い)

※セッションの間隔は2週間以内を目安としてお考えください。

※3回シリーズを6回シリーズへ変更したい場合は、3回目のセッションを受ける前までにご相談ください。

 

セッション60分(初回お試し・アフターフォロー): 10,000円

※アフターフォローは、シリーズ終了後1ヶ月以内有効

 

セッション75分(相談+ヒーリング):13,000円

お話をお聞きする時間を多く設定しています。

 

 

*遠方の方に遠隔セッションも同料金でおこなっています。対面でセッションを受けたことがある方に限りますので、初めての方は、1回目は対面でセッションを受けていただきます。

 

※料金は全て税込価格

 


参考:関係性エネルギー療法日本語HP

ディーン・ラムスデン先生プロフィール(日本語)【School of Healing Arts and Sciences プロフィールページへ】